【作業効率化】大学生・大学院生はTrelloを使うべき!!

f:id:moun45:20210708113523p:plain

この記事では「大学生・大学院生がTrelloを使用するべき理由」についてまとめます。

デジタルコンテンツが普及している現代で、学校の課題などのタスクをついつい後回しにしてしまうことってありますよね。

そんなときTrelloがあればタスク管理スケジュール管理が楽になります。

 

 

Trelloとは

 まずTrelloとは何かについて説明していきます。

 Trelloとは、タスクを書いたカードを移動させることで、付箋を使ってタスクを管理しているようなタスク管理ツールです。

ドラッグ&ドロップでタスクの移動ができるので、どなたでも気軽に使用することができます。

使用するには以下のサイトから登録手続きをしてください。(ブラウザ版、デスクトップアプリ版の両方があります。私はアプリ版を使用しています。)

https://trello.com/ja

 

基本的な使い方

①ボードリスト・カードの作成

Trelloにはそれぞれリストと呼ばれる枠があり、その中にカードを作成していきます。

初期設定では「ToDo」「作業中」「完了」となっているはずです。

例えば学校の課題があるとしたとき、ToDoのリスト内に「課題1」「課題2」のようにリストを作成していきます。その課題を作業するときは作業中リストへ課題1をドラッグ&ドロップで移動し、課題を終えたら完了リストに移動させます。

 

②タスクの記入

カードを作成したら、細かい内容を書いていきます。

カード内にはラベルやチェックリストや日付などがあり、様々な設定ができます。

ラベルはタスクの種類ごとに着けることができるものです。(例えば数学の課題なら青いラベルをつけておけば一目でわかる。)

チェックリストはタスク内容をさらに細分化して設定できます。(問題1、問題2のように細かく設定可能)

日付はそのタスクの完了期限です。期限が来たら赤色になり、知らせてくれます。

 

大学生・大学院生の活用方法

 ここまででTrelloとは何か、どう使うのかについて説明しました。

そこでここからは大学生・大学院生ならではの使い方について紹介していきます。

 冒頭にも述べたように、課題をしないといけないのに他のものに気を取られなかなか始められないという人におすすめです。

そんな人はTrelloで、

「チェックリストの細かい設定+期限設定」

に気を付ければ作業がものすごくはかどります。

これはなぜかというと、社会人が朝メールチェックから仕事を始めるように、どんなに小さいタスクであってもそれを完了することで小さな達成感を味わうと同時に、集中力が増すと言われているからです。

そこで課題であってもチェックリストで細かく内容を設定することで1つ1つで達成感を味わい、更に次のタスクへ集中することができます。

したがって、1つのタスク内においても細かく設定し、またリスト内でも簡単なタスクからこなしていけば課題なんてすぐに終わってしまいます!!

また、期限を設定することで期限内にタスクを終わらせることができます。

 

おすすめの使い方

個人的におすすめのTrelloの使い方を書きます。

Trelloには様々なリストを設定できるのですが、初期設定のほかに、

・「今週」

・「今日」

というリストを作成することをお勧めします。

これにより今週何をやるべきか、また今日は何をやればいいのかが一目でわかり、スケジュール管理もしっかりとできるようになります。

私は今日のタスクを全て終えたらゲームでもYoutubeでも好きなことをやると決めて1日のスケジュール管理をしています。

 

まとめ

・タスク管理にはTrelloを使うべき

・チェックリストを細かく設定する

・期限を設定する

・リストに「今週」と「今日」を追加

以上をすることでタスク管理や時間の使い方が上手になるので是非やってみてください!